もっと詳しく

 骨折、不全骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれのとき、健康保険でかかれます。
 この場合、建前は本人が代金を支払いあとで払い戻しを受けることになっていますが、地方社会保険事務局長との間で協定(受領委任の協定)ができているところでは、保険医にかかるのと同じように保険証を持参してかかれます。骨折、脱臼については、保険医の同意が必要です。

 「健康保険取扱」の接骨院や整骨院であっても、健康保険で施術が受けられるのはけがの場合だけです。健康保険が使える場合、使えない場合をよく確認して、適切にかかりましょう。





閉じる